カウンセラープロフィール

お知らせ

KokoroCafe.jp をご利用になるには、無料会員登録が必要です。
画面右上の無料会員登録からご登録ください。

櫻木 裕二
オンライン相談:
メール相談:

※ボタンを押して確認画面に進んでください。

待機時間:
メッセージ このページをひらいてくださってありがとうございます。

この世に悩みを抱えていない人なんていません。
その悩みにどのようにうまく対処していくかが「元気になれる」秘訣だと思います。

幸せとは心の状態です。
どんな状況にあっても心に平安があればそれなりに人生を乗り越えていくことができます。
失敗して落ち込むことがあっても、その経験から学ぶことはたくさんあるのです。

マイナスの「思いこみ」をプラスの「自己肯定感」に変えることで前向きに生きていくことができます。

私もたくさんの失敗と挫折感、無力感を経験してきました。
自分はこの世で最低の人間ではないか・・・と情けない気持ちになったことは数知れません。
それでも私は今でも生きているのです。
思い出せば恥ずかしいことも多々ありますが、そういう過去の蓄積で今の自分がいると思うと不思議な気持ちになります。

何かいやなこと、つらいこと、おちこむことがあるときは「このあと、きっといいことがある!」というのが、私がいつも自分に言いきかせている言葉です。

あなたの心に平安がおとずれるように
あなたの心が前向きになれるように
そして何よりも
あなたがあなた自身のことをもっと好きになれるように
お手伝いできたら幸いです。
経歴 コンプレックスのかたまりで人間関係がこわくて中学・高校で不登校のくりかえし。

高校では欠席日数が足りずに2年生を2回経験。

一年浪人して大学に入学。

アマチュア演劇の経験で人前で自己表現できるようになる。

地元の県立高校教諭の採用試験を受けるが不合格。
予備校の講師の仕事に就く。

初めて本格的に恋愛した女性とかけおち結婚。

29歳で県立高校教諭として採用される。

教師として不登校や人間関係に悩む生徒に寄り添う経験が多い。

学年主任の責任で多くの同僚とうまくコミュニケーションできるようになった。

英語教師のくせに英会話が苦手だったが、ALT(同僚の外国人教師)のおかげで一通り会話ができるようになり、旅先などで外国人を見ると英語で話かけたくなる。

PTA担当の仕事で、生徒の保護者の方々となごやかにおつきあいできるようになった。

一人旅で知らない人に自分から声をかけられるようになり、一期一会が旅の醍醐味である。

60歳で一応退職して、現在、県立高校の再任用教諭。

今では、誰とでも気軽に雑談ができる。
「以前は人見知りだったんです」と言っても誰も信じてくれない。

「人はきっかけさえあれば変われるんだ!」を実感している。

今でも欠点がたくさんがあるが、
「人は人、自分は自分」「みんな違ってみんないい」で前向きに生きるようにしている。

私の最大のモットーは「自分を愛するようにほかの人を愛する」。
このモットーは「人に親切にする前にまず自分を好きになること」だと理解している。
資格 メールカウンセラー養成講座修了
高校英語教諭
司書教諭
櫻木 裕二カウンセラーの予約表  予約不可、予約済、予約可
日付6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23

0
1
2
3
4
5
11/26(木)
11/27(金)
11/28(土)
11/29(日)
11/30(月)
12/01(火)
12/02(水)