ボランティアカウンセラーとは

10代の青少年に支援の手を。

大人であっても悩みに押しつぶされそうになったり、どうしていいのかわからなくなることがあります。
まして人生経験の少ない子供ならなおさらです。
わたしたち日本10代ホットライン協会では、問題を解決する資源の少ない子供たちを対象に無料のオンラインカウンセリングを展開しています。
「君に関心のある大人がここにいる」メッセージを伝えてほしいのです。
勉強会、事例検討会でスキルを磨けます。

ボランティアカウンセラーの資格を得ても、その後のケアがないと最終的には、行き詰ってしまいます。
KokoroCafe では、ボランティアカウンセラーになった後もスキルアップのための勉強会や事例検討会を行っております。
遠方の方には、スカイプを使った事例検討会を実施しています。
カウンセリングは、クライアントと1対1で行いますが、そのカウンセラーの後ろには、多くのカウンセラーが居て、チームでひとりのクライアントを支えていくものなのです。
ボランティアカウンセラーには、スーパーバイザーがつきます。

カウンセラーは自身もカウンセリングを受けなければなりません。多くのクライアントとカウンセリングをすると多大な影響を受けるからです。
常に心をクリアにする必要があります。
と、同時に個々のケースについてのフィードバックも必要です。
スーパーバイザーは、カウンセラーが事例を検証のためのカウンセリング(これをスーパービジョンと言います)を担当するベテランのカウンセラーです。

ボランティアカウンセラー申請